ニキビに効く抗生物質。今すぐはじめられる肌荒れ対策とは?

ニキビに即効性があるのが抗生物質です。今はニキビ治療薬も進化して、特効薬ともいえる新薬も出ています。でも、炎症が起きて悪化したニキビを治すには抗生物質が一番です。それほど効果の高い抗生物質、その効能や問題点を調べました。

大丈夫?抗生物質はニキビ治療の切り札か?

ニキビの治療薬は皮脂の分泌を抑えたり、アクネ菌を殺菌する作用のものが一般的です。でも、炎症が進み赤くなって悪化したニキビには、それだけでは効力が弱く抗生物質を使う必要があります。抗生物質を使えば治りが早く、跡も残りづらいです。でも、長期的な使用は副作用も心配。抗生物質を上手に使うためにも、その理解を深めましょう!

即効性の高い抗生物質の種類と概要

まずは、そもそも抗生物質とは何なのかを確認したいと思います。

抗生物質とは

抗生物質とは、微生物によって作られた化学物質で、他の菌を殺すものです。ニキビに対してはアクネ菌の殺菌に用いられます。

市販薬と処方薬の違い

市販薬では基本的に抗生物質を購入できません。例外的に、軟膏で配合されているものもありますが、抗生物質でニキビを治療したい場合には医師の診察を受け、症状に合った抗生物質を処方してもらう必要があります。

正しい使い方

アクネ菌そのものに効く抗生物質というのはありません。医師が診察して、最適な抗生物質を選びます。処方されても合わない場合があり、治ってから再発する場合もあります。抗生物質はあくまでも起きている炎症を一時的に抑えるもので、対症療法です。根本原因を改善しつつ、短期的に使用するのが正しい使い方です。

即効性の高い抗生物質の種類

ニキビに用いられる抗生物質には、リンコマイシン系抗生物質のクリンダマイシンやニューキノロン系抗生物質のナジフロキサシンなどがあります。比較的即効性の高いのは、リンコマイシン系の方になります。

効果出るまで何日掛かる?

抗生物質は即効性があり、効果が出るのは早いものです。

ニキビへの効果が出るのは何日後?

ニキビへの効果が出てくる時期は、症状にもよりますが、早い人で翌日、遅くとも1週間ぐらいで変化が見られるようです。1週間を過ぎても効果が出ない場合は、効き目がないことも考えられます。

抗生物質はあくまで対症療法なので、根本原因が改善されていなかったり、慢性化したニキビは再発する可能性があります。

また、抗生物質には薬剤耐性というものがあり、長期使用すると効果がなくなります。症状を鎮めたら、根本原因を治して再発させないことが必要になります。

ニキビに塗る軟膏について

ニキビ薬には塗り薬と内服薬がありますが、塗り薬は通常、軟膏として販売されています。

軟膏とは

軟膏とは、油脂やワセリンなどを基剤として主薬を混ぜた外用薬です。患部に直接殺菌成分を塗布することで、治癒を促します。

軟膏の使い方

化粧水を使っているときは、化粧水の後に塗ります。塗り方は、ニキビ部分のみに優しく置くようになじませます。強く擦ったりしないようにしてください。

ニキビに効く軟膏の種類

ニキビに効く軟膏は、市販されているものではオロナイン軟膏、テラ・コートリル軟膏など、処方薬でアクアチム軟膏などがあります。

軟膏のニキビへの効果

軟膏はニキビに直接アプローチすることで、皮脂の分泌を抑えたり、殺菌をしたりします。部分的にニキビができている人に便利な薬です。

軟膏を選択するメリット

内服薬は体全体に作用するため、比較的副作用も出やすいですが、軟膏であればニキビに直接塗ることで、体自体には影響せず、安全に治療できると言えます。

軟膏には抗生物質が入ってる?

市販薬の軟膏には基本的に抗生物質は入っておらず、テラ・コートリル軟膏に配合されているのみです。処方薬の多くには抗生物質が含まれています。

抗生物質の使用をやめたらどうなる?

抗生物質は長期使用に向きません。短期間で症状を抑える目的で使用するものです。

抗生物質の使用はいつまで?

抗生物質の使用期限は医師の指示に従いましょう。症状が治まったら、漫然と使用しないことです。炎症が収まったら使用を中止した方がいいですね。

使用をやめたら出てくる症状

使用をやめても、殺菌がうまくいっていれば再発はしないようです。ただ、ニキビになる根本原因(生活習慣の乱れ等)が改善していなければ再発する可能性もあります。また、慢性のニキビの場合、一度での治癒は難しいかもしれません。

飲み続けても大丈夫?抗生物質の副作用

内服薬の抗生物質は効き目が大きい分、副作用の心配もあります。

抗生物質に含まれる副作用とは

抗生物質はニキビの原因菌を殺すだけではなく、体内の良い細菌まで殺菌してしまう可能性があります。体内には有用な細菌も多く、特に腸の中には多くの善玉菌が存在して腸内環境を維持しています。抗生物質でこれらの細菌まで殺菌してしまうと、健康を損なう恐れもあります。

また、抗生物質には薬剤耐性というものがあり、長期間使用すると、効果がなくなってくると言われます。

こんな症状には要注意!

抗生物質が有用な細菌を殺してしまうことで、腹痛や下痢などが起こる場合があります。また、薬剤耐性で細菌への抵抗力がなくなり、病気にかかりやすくなる場合もあります。

医師の指示は良く守り、適切な使用を心がけましょう。

抗生物質で下痢になるってホント?

抗生物質の服用で下痢になる人が多いようです。副作用のひとつですが、ひどい場合には服用を中止するなどの対応が必要です。

抗生物質と下痢の関係性

抗生物質が腸内の善玉菌を殺してしまうことで、腸内環境が悪化します。これにより下痢が起こるわけですが、1日に何度もトイレに行くなど症状が重い場合は使用を中止するか、医師に相談しましょう。抗生物質の種類を変えたり、整腸剤を処方してくれる場合もあります。

通販での入手方法

抗生物質は医師に処方してもらうのが一般的ですが、海外の医薬品を通販で購入することもできます。海外医薬品個人輸入代行のサイトがありますので、そちらで手続きをします。

ただ、通販での購入は保険が適用されないので高額になり、副作用が出た場合の対応が大変です。個人判断で使用を続けると、重篤な副作用の危険もあるので、ご注意ください。

ニキビを治したいなら抗生物質という選択も

ニキビができるのは原因があり、まずはその改善が大切です。悪化して炎症を起こしたニキビは早急に炎症を鎮めることが必要になります。抗生物質はそんな応急措置に最適です。自分の生活習慣等も見直しつつ、抗生物質の利用で、ニキビを完治させましょう!

カテゴリー:Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です