炎症ニキビは抗炎症剤でサクッと治療!正しく使って痛みにバイバイ!

ニキビは抗炎症剤で早く治したい!とは言っても抗炎症剤がどんな薬なのか、どんなニキビにでも効果はあるのか、そして使い方などわからないことだらけですよね。ここではニキビを早く治したいアナタのために抗炎症剤について詳しく紹介します。

ニキビ治療薬の抗炎症剤とは

ニキビの消炎作用

ニキビの抗炎症剤とは、その名の通りニキビが炎症してしまうのを抑える薬です。抗炎症剤は、ステロイドが含まれているものと含まれていないものの2つに分けることができます。

ステロイドとは抗炎症剤の一種として、とても優れた消炎作用を持つ成分として様々な薬に使用されています。しかしその強力な効果とともに、副作用として白内障や胃腸への障害、免疫抑制作用などが引き起こされる恐れもあるようです。

ニキビの抗炎症剤にステロイドは入っているの?

そんな少し怖い印象のあるステロイドですが、ニキビの抗炎症剤にも含まれているものがあります。といっても、先ほど挙げた白内障や胃腸への副作用は、ステロイドを長い間内服したケースのものであり、患部に塗る外用薬としての使い方には問題無いでしょう。

しかし免疫抑制作用には注意が必要です。ステロイドによって炎症を抑え続けることで免疫力が低下し、ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖を防げず余計にニキビができやすくなる場合があります。このことからニキビの抗炎症剤にはステロイドが入っているものは少なくなっています。

使い方

ここでは外用薬のタイプを例に使い方を紹介します。使い方は至って簡単で、ニキビが気になる箇所に1日数回塗布するだけです。ただ、炎症を起こしていない箇所などに塗るのは厳禁です。皮膚科で処方されたお薬は特に、指示された箇所以外には使用しないようにしましょう。量や回数も医師の判断を仰いでくださいね。

抗炎症剤が有効なニキビ

ニキビには白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビなど様々な種類がありますが、その中でも赤ニキビのような炎症を起こしてしまっているニキビに効果的です。ニキビの初期段階である皮脂が詰まった白ニキビやニキビ跡などには残念ながら効果は期待できないようです。

ニキビの抗炎症剤は市販されている?

ニキビの抗炎症剤は皮膚科などでの処方だけでは無く、ドラックストアなどでも販売されています。特に皆さんおなじみなのがオロナイン。オロナインに抗炎症作用があるの!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、オロナインは抗菌・抗炎症作用があり、赤ニキビなどの炎症を起こしたニキビに効果的です。

オロナインの他にも抗炎症剤は数多く販売されていますが、使用上の注意をよく読むことが重要です。

抗炎症剤はどんなものに使われている?

外用薬

抗炎症剤は、皮膚が炎症を起こしているところに直接塗布する外用薬がメジャーです。抗炎症作用のあるニキビの外用薬としてはイブプロフェンピコノールが有名です。ステロイドを使用していない抗炎症剤で、副作用の心配はありません。病院の処方で購入できます。

内服薬

抗炎症剤には内服薬にも使用されます。外用薬とセットで処方されることが多く、体の内側から炎症を抑えることができます。ニキビのための内服薬としてはイヴプロフェンが挙げられます。炎症を鎮める他、熱を下げる作用など、鎮痛剤としての作用もあります。年齢や症状によって服用回数や量が異なるため医師の診断の元に服用しましょう。

抗炎症剤含有の化粧品

そして意外なのが化粧品への抗炎症剤の配合です。抗炎症剤の含まれた化粧品は肌荒れを改善させる効果があります。化粧品に含まれる抗炎症成分としては、カツミレエキスや甘草エキス、コウキエキスなど天然由来の成分であるため安心で安全なものになっています。また、甘草エキスには美白効果も認められるなど女性には嬉しいメリットがあります。化粧品による肌荒れが気になる、化粧をしながらニキビを防ぎたいという方は、このような抗炎症剤が配合された化粧品を使用することをおすすめします。

抗炎症剤のいいところ

炎症を素早く鎮静

抗炎症剤はニキビの炎症に直接作用するため、その効果が現れるのもとても早いです。たとえば外用薬の場合、夜寝る前に塗布すれば翌朝には炎症が治まり、2日もすればニキビは小さくなっていきます。1週間後にデートがあるのにニキビが!なんて時でも、抗炎症剤を使用すればバッチリです。

刺激が少ない

抗炎症剤と聞くと、なんだか強力な薬で刺激も強いような印象を受けますが、実際は肌への刺激が少ないんです。炎症を起こしたニキビはピリピリと痛みますが、抗炎症剤を塗ってさらにピリピリするという心配はいりません。低刺激で効果は高いなんて、ありがたいですよね。

メイクの上にも

そして抗炎症剤の良いところとして特に注目すべきなのはメイクの上からでも使用できるということです。女性にとっては嬉しいですよね。全ての抗炎症剤がこれに当てはまる訳ではありませんが、メイクの前後どちらでも使用できる、塗ると透明になるためメイクの上からでも問題なし、というお薬は多くあります。1日何度も塗らなければならない場合、いちいちメイクを落とすのは面倒ですが、抗炎症剤はそのままでOKです。

抗炎症剤の注意点

副作用

抗炎症剤が特に深刻な副作用を引き起こす例は極めて少ないですが、内服薬は長く使用する場合は定期的に医師の診察を受けましょう。また、外用薬も場合によってはかゆみやかぶれが生じることがあります。

塗る場所に注意

ニキビの抗炎症剤は、ニキビの炎症を鎮めるためのものであるため、他の箇所に塗ることがないようにしましょう。特に眼の周りの粘膜などは敏感です。自分の判断で他の症状が出ている箇所に塗るのも危険です。使用上の注意や医師の指示にしっかり従いましょう。

まとめ

ニキビに効く抗炎症剤について知ることができましたね。ニキビが炎症を起こしたら病院に行って抗炎症剤を処方してもらうのがベストですが、軽度の炎症である場合や病院に行く時間の無い方は市販のお薬でも十分です。正しい使い方でニキビを治しましょう!

カテゴリー:Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です